○地域説明
安曇野三郷は山里の集落です。長野自動車道松本インターより約15分ですが松本市から程よく離れた静かな環境にあります。安曇野市ではこの地域を集落景観保存地域に指定していて分譲区画住宅などはあまり見られません。それが古くからある集落の佇まいを残し新しい居住スタイルと良く調和された地域となっています。安曇野にもまだそんな地域が残っていてホッとします。

○お薦めポイント
☆明治の初期の頃に建築された材木商の古民家を明治の末期に三郷へ移築しました。
  今も屋根の形がその時代を物語っています。
☆代々居住してこられたので特に何も補修なく次なる世代へ古民家ライフが継続出来ます。
☆畑(緑色の部分)は売却対象宅地と同一所有者で、希望者へ別途協議のうえ売却します。
☆農地については農転の協議が必要です。
☆広い畑を活かして古民家宿泊など様々な用途が広がります。

 



物件概要
所在地 安曇野市
土地面積 979.88u 家屋面積 延べ床147.43u
地目 宅地 間取り 6DK
構造 木造鋼板葺平屋建
築年
推定150年 権利形態 所有権
都市計画 
都市計画区域外 用途 無指定
建蔽率
--- 容積率 ---
建築制限
安曇野市景観づくりガイドライン
設備
公共上下水
交通
JR大糸線 一日市場駅より約5.4km
長野自動車道松本インターより車約20分。


取引形態 媒介(仲介) 売却価格 2,000万円 仲介手数料 712,800円
公開期限 平成30年5月15日まで



安曇野三郷の古民家
物件No.02
所在地:安曇野市
土地:979.88u
家屋:延べ147.43u
価格:2000万円

物件一覧へ戻る